美しい声・アレクサンダー・テクニークと共に

本来の素敵な自由な身体をとりもどしましょう。呼吸も声もあなたの筋肉や骨格を知ることで、素晴らしい気ずきを得られます。

声はどこから

今日はまたとても暑く大変な日でしたね。
せっかく涼しくなったのにと言う思いも、今年は残暑も厳しいような予報です。

歌はどこで歌っていますか、こんな質問をさせていただきながら
歌、声、響き、などの情報を伺っています。

音大生や現役で歌っていらっしゃる方が私のまわりに
沢山いらしたら色々ディスカッション
ができるのですが。


ボディーマップ、ボディーシンキング、クラシックの歌に
必要な体の使い方が生きてくる、
言葉が呼吸の流れに逆らうことのない歌い方を日々考えています。
頸椎の動きのゆるみは歌には離すことができないのです。
そして繊細に動く腹筋も。重力にまけないように。

歌うときの表情。
聴き手に邪魔にならない歌い方。
立っている姿。

今、とても大切なことかと思っているものです。


首回りの緊張や舌や顎の動き、呼吸の事、全部一度に自由に体が動いてくれるといいですね。、
(いつのことかはわかりませんが)
それには毎日の訓練をしなければなりませんね。
望みや思いだけでは前に進めませんものね。

ということで毎日腹筋や肋間筋の動きを楽しみましょう。

テレビの前でもできますよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。