FC2ブログ

美しい声・アレクサンダー・テクニークと共に

本来の素敵な自由な身体をとりもどしましょう。呼吸も声もあなたの筋肉や骨格を知ることで、素晴らしい気ずきを得られます。

肋骨の動き

12月に入ってたくさんの事をこなさなければならず少々頭の中は混乱中です。
でも周りの方のお力で、つまずきもなく過ごせています。

歌うときの胸郭の動きを探検です。
背骨にがっちりとついている肋骨は前にむかう曲線で胸骨と繋がります。
この胸骨に10本肋骨の骨が付きあ、おと2本は浮遊肋骨といい自由にしています。
スケルトンの両手を上げてみるとたまごの形に見えますよ。


そう! 脊椎の数を簡単覚える方法をお伝えしましょう。
胴体の上から頸椎7本、朝食7時、胸椎12本、昼食12時、腰椎5本、早めの夕食5時
こんな覚え方如何ですか。全部で24本です。

肋骨の回りには外肋間筋(吸う時の手伝い)内肋間筋(吐く時の手伝い)
その中で守られている肺はこの筋肉が自由に動けるようになると
呼吸が上へ上へと送られ頭声音となり美しい響きに変えてくれます。
肋骨と胸骨をつなげているのは軟骨です。
このつながりは動くことのできる骨です。ほんの少しですが動けるのですよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。